FAPA BOOK

FAPA サポートメンバーの皆さまには、FAPA会員ギャラリーとアーティストが手がける、限定フォトブックをお届けします。著名作家の未出版作品から気鋭作家の実験作までをフィーチャーし、アートフォト、フォトブックの魅力を伝えます。

​​—

Support members will receive a series of limited edition photobooks produced by FAPA gallery members and artists. From unpublished works of prominent photographers to challenging and captivating works of emergent artists, FAPA’s photobooks convey the appeal of art photography and photobooks.

『遠い場所の記憶:1951 – 1966』

川田喜久治

第三回目となる代官山フォトフェアに合わせ、川田喜久治「遠い場所の記憶:1951 – 1966」が刊行されます。本作には、1951年から1966年という、川田が写真家としてのスタイルを確立した最初期の作品群が纏められています。フォトフェアのメインビジュアルにも使用され、アサヒカメラ月例にて木村伊兵衛、土門拳に評価され、写真家としての出発点となった作品から、未発表の作品まで、激動の時代を川田ならではの図像によりとらえた写真集です。「過去の記憶だけでなく、未来への記憶もそこに潜んでいることを知らせてきます。ここで未視感と既視感も体験できるのです。この累々たる写真がリアルなイメージをなげかけて来るのはそのようなときなのです。時代も場所も超えて。」と語る川田喜久治の「写真のはじまり」の中に、過去、現在、未来の三つの記憶となる世界が広がります。巻末には、作家による原稿および、東京国立近代美術館のキュレーター増田玲の寄稿を日・英併記にて収録。

  • 写真

    川田喜久治

  • テキスト

    川田喜久治、増田玲

  • アートディレクション

    田中義久

  • 判型

    230 x 180 mm

  • 頁数

    304頁

  • 掲載作品

    192点

  • 製本

    ソフトカバー

  • 発行年

    2016

  • 初版

    1000部

  • 制作

    FAPA (日本芸術写真協会)

  • 発行

    Case Publishing

“Remote Past a Memoir: 1951-1966”

Kikuji Kawada

Kikuji Kawada’s Remote Past a Memoir: 1951-1966 was published in conjunction with the third daikanyama photo fair. This photobook is composed of Kawada’s early works from 1951 to 1956 when Kawada established his own style as a photographer. From the works used as the main visual for this year’s daikanyama photo fair, which is highly regarded by Ihei Kimura and Ken Domon at the monthly contest of camera magazine and serves as a starting point of Kawada’s professional career, to the unpublished works, this photobook presents the Kawada’s distinguished images of turbulent period. Mentioned by Kawada as “it serves notice that not only past memory but future memory is lurking. It is here that you can experience jamais vu and déjà vu. It is like when a pile of photographs raises a real image. It exceeds time and place,” we could find the world of past, present and future memoir at the “Beginning of photography.” Including an afterword by Rei Masuda, Chief curator at The National Museum of Modern Art, Tokyo. Text is available in both Japanese and English.

 

 

  • Photography

    Kikuji Kawada

  • Text

    Kikuji Kawada, Rei Masuda

  • Book Design

    Yoshihisa Tanaka

  • Book Size

    230 x 180 mm

  • Pages

    304 pages, 192 images

  • Binding

    Softcover

  • Publication Date

    2016

  • First Edition

    1000

  • Produced by

    FAPA (Fine-Art Photography Association)

  • Published by

    Case Publishing